スポンサーサイト

* -------- | スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『東京公園』:第64回ロカルノ国際映画祭 青山真治監督舞台挨拶&記者会見

* 2011-08-10 | 映画 | 東京公園

映画『東京公園』が、8月9日(現地時間)に、第64回ロカルノ国際映画祭<インターナショナル・コンペティション>部門で上映され、併せて青山真治監督の記者会見と舞台挨拶が行われました。

青山真治監督コメント
「この映画は、なくなった者に対する愛情と生き残った者同士の愛情を描いた作品です。俳優さんたちには、“これは戦後の映画だと思って下さい”と伝えました。この時代の映画は、傷ついたり孤独であったりしても、前進していく姿を描いているからです。今、日本で映画を撮るということは、こうした内容を描くことが必要だと感じました。それと同時に、自分が一番好きな東京、様々な表情をもつ東京を描きたかったのです」

http://eiganavi.entermeitele.net/news/2011/08/64-7aca.html

関連記事
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。