スポンサーサイト

* -------- | スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦春馬、行定勲監督の日中合作「真夜中の五分前」に主演!

* 2013-11-27 | 映画 | 真夜中の五分前

三浦春馬が、本多孝好氏の人気小説を行定勲監督が映画化する日中合作「真夜中の五分前」に主演していることが決まりまりました。三浦さんは11月27日(現地時間)、撮影が行われている中国・上海で、共演のリウ・シーシー、ジョセフ・チャンとともに現地メディア向けの会見に出席。

この日の会見は、上海パートの撮影がほぼ終了したことによる報告を兼ねてのもの。100人以上の報道陣を前に、三浦は「すごい!」と驚きを隠せない。それでも、上海語の挨拶を披露し現地メディアから歓声を引き出していた。

上海に来て1年半ほどになる時計修理の仕事をする日本人青年という役どころを演じた三浦だが、リウ、ジョセフとのタッグは大きな刺激になった様子で、「2人は心で演じることのできる俳優で、一緒に仕事をしてとても楽しかった」とニッコリ。さらに、「シーシーさんとのある大切なシーンでは、彼女の迫真の演技によって日中スタッフの雰囲気がすごく変わった瞬間があった。現場の士気を一気に上げることのできる彼女をとても尊敬したし、自分自身ももっと頑張ろうという気持ちになった」と振り返った。

今作の構想を7年近く温めてきたという行定監督は、「今回の最大のチャレンジは中国という地で、日中のスタッフが一緒に撮影をしたこと。これまでも合作映画は数多くあったが、政治や歴史をテーマにするものが多かった」と説明。そして、「今回は世界のどこにでも起こりうる『人と人』とのラブストーリーを描いた作品。これは日本映画界にとっても大きなチャレンジになったと思う」と充実した面持ちを浮かべた。

http://eiga.com/news/20131127/17/

関連記事
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。