スポンサーサイト

* -------- | スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『真夜中の五分前』釜山でワールドプレミア上映決定!

* 2014-09-04 | 映画 | 真夜中の五分前

三浦春馬が主演を務め、行定勲監督がオール上海ロケで撮影した「真夜中の五分前」が、第19回釜山国際映画祭のオープンシネマ部門でワールドプレミア上映されることが決定しました。

三浦扮する孤独な日本人青年が、上海で出会った美しい双子の姉との恋を描く、サスペンスタッチのラブストーリー。行定監督が「日本映画界にとっても大きなチャレンジになったと思う」と語る本作に、日本の三浦、中国のリウ・シーシー、台湾のチャン・シャオチュアンらアジアの注目俳優が集結した。

俳優の渡辺謙が開会式の司会を務めることでも話題になった今年の釜山映画祭は、10月2日に開幕し、79カ国314作品が上映される。「真夜中の五分前」が上映されるオープンシネマ部門は「映画の殿堂」と呼ばれ、今年は8本が選出された。日本人俳優主演、日本人監督の作品は本作が唯一の選出となる。

http://eiga.com/news/20140904/9/

関連記事
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。